愛知県名古屋市の動物病院が探せるサイト

スマホメニュー



犬や猫の3大皮膚疾患といえば【アレルギー】【角化症】【感染症】です。
アレルギーの中にも食物アレルギー・アトピー性皮膚炎・ノミアレルギーと分類されます。犬猫では食物アレルギーが関係している場合は、普段のフードを少し変えるだけでも状態がかなり改善されるケースもあります。また近年ではアレルギー検査も人間と同じくらいの検査が行えるようになってきています。ただアトピー性皮膚炎の場合の多くは、食事療法だけでなく、定期的なシャンプー療法が必要となり、時間がかかることもあり飼い主様は無理をせずに上手に付き合っていかなければなりません。また時には、精神的要因で飼い主様の気を引くために、体を掻くわんちゃんもいます。角化症とは、皮膚の表面組織の角質が正常に作られなくなる状態の総称になります。角化症になってしまうと、乾燥による痒みや細菌感染やアレルゲンが入りやすくなってしまうことにより皮膚病を悪化させててしまいます。感染症にも、膿皮症・マラセチア性皮膚炎・疥癬・毛包虫症・皮膚糸状菌症・ノミ、マダニ感染があります。皮膚病は完治させることが難しく、時期によって悪化するわんちゃんもいれば、年中皮膚病に悩まされているわんちゃんもいます。あらゆる病気の中でも特に多い皮膚疾患は、より効果的な治療を探し最もよい治療法を見つけ出すことが重要になります。皮膚病・アレルギーを得意とする動物病院の情報を日頃から集めておくと良いでしょう。動物病院によっては薬に頼らない治療をしている所もあります。飼い主様が薬に対してどういう考えをもっているかなども、動物病院を選ぶ基準にするのもよいでしょう。

1〜12件(全44件)

並び替え: 登録順| 人気順地域順

1〜12件(全44件)

並び替え: 登録順| 人気順地域順